ロゴ

トップページ  >  和婚について  >  神前式の流れ

神前式(結婚式)の流れ

sidephoto1

修祓の儀

sidephoto2

三献の儀

sidephoto3

誓詞の儀

sidephoto4

指輪交換

sidephoto5

玉串奉奠

修祓の儀  [しゅばつのぎ]
sidephoto1

式典に入る前に、心身をお清めいたします。
神前に向いてご低頭いただき、斎主によるお祓いを受けていただきます。

斎主一礼  [さいしゅいちれい]

式を執り行う神職を斎主と言います。 斎主が神前挙式を開式することを宣言し、ご参列者全員で神前に一礼します。

祝詞奏上  [のりとそうじょう]

神道独特の言い回しのことば故、聞き取ることは難しいかもしれませんが、日本書紀や古事記にも記されている、伊邪那岐(イザナギ)・伊邪那美(イザナミ)の国産み神産みの神話に準え、斎主からおふたりの結婚と、ご両家がご親戚となるご報告いただきます。また皆さんの永遠の幸せと反映を神様にお祈りいたします。

三献の儀  [さんこんのぎ]
sidephoto1

「三三九度」の儀式。新郎新婦が、三つ重ねの盃で交互にお神酒を飲み交わし、夫婦の永遠の契りを結びます。最初の2口は盃を口につける程度、3口目でいただくようにします。昔から、三や五・七・九の奇数はおめでたい数字とされていることや、同じ釜で煮炊きした食物を共に飲食することによって非常に強い関係が生ずるという信仰に由来した、実におめでたい儀式です。

誓詞の儀  [ちかいことばのぎ]
sidephoto1

新郎新婦から神様に、結婚の誓いの言葉を奉読していただきます。

指輪交換  [ゆびわこうかん]
sidephoto1

事前に神社にお預けいただき、お祓いをいただいたおふたりの結婚指輪をそれぞれの左手薬指に交換していただきます。

玉串奉奠  [たまぐしほうてん]
sidephoto1

神社でご用意いただいた玉串(榊・さかき)を、新郎新婦から神様にご奉納していただきます。

親族盃の儀  [しんぞくはいのぎ]

おふたりと、ご参列のご親族様にお神酒が振る舞われます。多くは斎主のご挨拶とご発声で乾杯していただきます。ご親族様同士の絆・つながりをより深めていただく儀式です。

斎主挨拶  [さいしゅあいさつ]

斎主から、おふたりとご参列の皆様にお祝いの詞を申し上げます。

退場

斎主を先頭に皆さんに退場いただきます。

神社結婚式について

お問い合わせ*直接各種フォームへ

神社で挙げる結婚式実行委員会
お問い合せ  フリーダイヤル 0120-208-842
施行会社代表  株式会社コディーノ 群馬県高崎市八島町1 IDIOM Yashima 2F
copyright © CODINO co,.ltd.. all rights reserved.