トップページ  >  和婚について  >  神前式スタイル説明

結婚式

白無垢  *写真1

白い掛下に白い打掛を羽織り、帯や小物に至るまですべてを白一色で統一した装いのこと。

色打ち掛け  *写真2

白または色の掛下に刺繍や染めなどの模様を施した打掛を羽織る装い。

引き振り袖(黒)  *写真3

袖の内側に「振り」と呼ばれる別布が二つ折りの状態で入っている贅沢な仕立て。白無垢、色打掛同様、正式な式服として用いることができます。引き振袖は花嫁用に仕立てられた特別な振袖です。特にに黒地に柄の入った「黒引き」は、江戸時代から正式な花嫁衣装として着られていました。

新郎 紋付羽織袴  *写真4

一般的に和服における男子の第一礼装とされる衣服。紋付の長着に袴をはき、紋付の羽織を着ける。仙台平という、荒い縞地の絹織物が用いられるが、金糸や銀糸が織り込まれたものや、グラデーションデザインな物など現代的な衣装も見られる。

sidephoto1

写真1  白無垢

sidephoto2

写真2  色打ち掛け

sidephoto3

写真3  引き振り袖(黒)

sidephoto4

写真4  新郎 紋付羽織袴

ページトップへ

sidephoto1

sidephoto2

綿帽子

sidephoto3

sidephoto4

角隠し

sidephoto5

sidephoto6

洋髪

一般的には、文金高島田(ぶんきんたかしまだ)といい、根本を高く仕立てた島田髷(しまだまげ)という日本髪のスタイル。現在では、多くの花嫁が鬘(カツラ)を付けることにより花嫁衣装の伝統的なスタイルとして用いられている。

綿帽子

花嫁が和装婚礼衣裳の白無垢を着る際に、文金高島田を結った頭の上にやや深めに被る白い布。白無垢のみに用いられ、色打ち掛け、引き振り袖には用いないのが慣わし。

角隠し

花嫁の文金高島田の髪の上に被る帯状の白い布。袷仕立ての長方形の白絹を髪に留られるようにしたもの。白無垢、色打ち掛け、引き振り袖の時に着用するのが慣わし。

洋髪

最近では、花嫁和装に自分の毛髪でアレンジしたヘアスタイルを合わせる人も増加している。

 

ページトップへ

sidephoto1

懐剣  筥迫

sidephoto2

末広

sidephoto3

簪(かんざし)

花嫁が身につける小物

懐剣
武家に生まれた女性が護身用に短刀を所持し、この習慣がやがて女性のたしなみの様になり、やがて嫁入り道具の一つとなる。こうした武家へのあこがれから明治時代以降には庶民も婚礼衣装の一部として胸元にさすようになった。剣は昔から神の宿る物として神聖視され多くの儀式で魔除けのお守りとしても用いられてきた。このことからも、婚礼での懐剣は、新たな人生へと旅立つ花嫁をさまざまな災いから守るものとして用いられている。

筥迫
花嫁の胸元の合わせに差し込む小物入れ。懐紙や鏡、紅やお香など身だしなみの必需品を入れる嫁入り道具の一つ。婚礼衣装として取り入れられるようになるにつれ装飾的な物となる。

末広
婚礼用の扇子。新郎、新婦共に持つ。白骨と黒塗りの両面に金銀をあしらった扇面に房付きの細い紐を骨の根元に通したものが、花嫁用として一般的に用いられている。新郎が持つ扇子を「白扇」という。扇子には、末広がりに家系が繁栄するようにという意味があるので、おめでたい席にはかかせません。

簪(かんざし)
着物を着たときに髪に挿す飾り。白無垢の時はべっこうの簪、色打ち掛けでは華やかなさんごに真珠や金の細工がされたものなどがよく使われる。

ページトップへ

神社結婚式について

お問い合わせ*直接各種フォームへ

神社で挙げる結婚式実行委員会
お問い合せ  フリーダイヤル 0120-208-842
施行会社代表  株式会社コディーノ 群馬県高崎市八島町1 IDIOM Yashima 2F
copyright © CODINO co,.ltd.. all rights reserved.