ロゴ

トップページ  >  和婚について  >  平成和婚5つのポイント

平成和婚5つのポイント

sidephoto1

Point  1  :  神  社

おふたりそれぞれのどちらかが、生まれ育った場所から嫁ぐこと。また、地元で親しまれている緑豊かな神社で式を挙げること。それは、かけがえのない日本の文化を継承していくことであり、これから始まるおふたりの新しい家族や「つながり」の中で語り継がれていく、大切な人たちとのいつまでも色あせることのない一生の記憶。それが和の心、絆を大切に継承されてきた日本の伝統「神前式」です。 父や母のときと同じ紋付きや白無垢を身に纏い、何百年もの時空を越えた歴史ある神社の境内を歩くとき、その心は静やかで、周りの人々への感謝の気持ちを感じずにはいられないでしょう。 そんな気持ちを込めて、それぞれの二つの家族が出会い、新しい家族が誕生する瞬間を祝い、永遠を誓い合いましょう。

sidephoto2

Point  2  :  家族の想い出

自分たちが生まれたとき、お父様やお母様、お祖父様やお祖母様の腕に抱かれ神社の鳥居をくぐられ、健やかな成長と幸せを祈願されたことでしょう。 年の初めは、その1年のお礼と次の1年の幸福を、3歳5歳7歳の秋には、ここまで成長してきたお礼とこれからの健やかな成長を祈願されたことでしょう。 神社には、そんな家族の想い出がきっとあることと思います。そして、それぞれが育った家族での想い出の集大成と、これから二人が作り上げ、そして繰り返される神社での想い出のスタートを、ご両家の神前挙式を通してご祈願ください。 神社はそこに集う全員の「幸せを願う真心」にあふれていることでしょう。

sidephoto3

Point  3  :  おもてなし

二人のスタートのためにそこに集う皆さんに不自由なく、そして心温まる時間をお過ごしいただくために、ご移動やインフォメーション、お食事などをおふたりらしくおもてなしいただきたい。 でも、おふたりがすべてをするのは限界があります・・・。 そんなとき、おふたりのお気持ちをしっかり汲み取り、その日、おふたりがお支度のためにいらしていただいたときから挙式後のお食事会やパーティの手配、施行まで、神社とパーティ会場を繋ぐ専門のコーディネーターがしっかりサポートいたします。

sidephoto4

Point  4  :  美しい日本の花嫁

日本の美しい伝統の衣装「着物」その凛とした佇まいは、日本に生まれた女性だからこそ体の芯から醸し出せる独特の世界です。 貝殻のようなキメの細かい和化粧と、きりりと結い上げられたヘアスタイル、そしてお母様、お祖母様の時と同じ衣装を身に纏い、神社の静寂に包まれた境内に響く雅楽の音色の中をおふたりでゆっくりとお進みください。 その姿は、人々の眼と心の中に深く焼き付き、いつまでの色あせない想い出としてずっと残ることでしょう。

sidephoto5

Point  5  :  演 出

生の雅楽演奏や、巫女による舞いの奉納、境内を列をなしてゆっくりと進む参進の儀など、神社によってさまざまな演出がございます。おふたりらしい儀式になりますよう、神社の宮司さんや禰宜さんとご相談してみてはいかがでしょう?また、厳かな神前式の後は、場所を移動しての華やかなパーティも。 凛とした和装から、もう一つの定番花嫁衣装、ウェディングドレスに着替えて、楽しいお時間をお過ごしください。神前式の模様は、当日の数時間内に編集し、挙式にご参列いただけなかったゲストの方々に向けてパーティ中にサプライズ上映することも可能です。

神社結婚式について

お問い合わせ*直接各種フォームへ

神社で挙げる結婚式実行委員会
お問い合せ  フリーダイヤル 0120-208-842
施行会社代表  株式会社コディーノ 群馬県高崎市八島町1 IDIOM Yashima 2F
copyright © CODINO co,.ltd.. all rights reserved.